サル痘ウイルス(米疾病対策センター提供・共同)

 【ジュネーブ共同】動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、世界保健機関(WHO)は23日、各国の専門家で構成する緊急委員会を招集し「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するか否かを検証した。緊急委の提言を受けて、テドロスWHO事務局長が緊急事態宣言の是非を判断する。

 WHOによると、緊急委の結果が公表されるのは24日以降になる見通し。

 緊急事態宣言はWHOが出す最高度の警告だが、宣言を受けた対応は各国当局に委ねられている。新型コロナウイルス感染症を巡っては2020年1月30日に出され、現在も継続している。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む