トヨタ自動車は23日、タイヤ脱落の恐れがあるとして、「bZ4X」とSUBARU(スバル)ブランドで販売している「ソルテラ」の電気自動車(EV)2車種、計204台(今年3月〜6月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。

 国交省によると、急旋回や急制動を繰り返すとタイヤを取り付けるボルトが緩み、最悪の場合、脱落する恐れがある。これまでに不具合の報告はない。

(共同通信社)