真っ赤に色づいたジュノハートの木の下で豊穣祈願をする関係者

 県内随一のサクランボ産地・南部町で22日、青森県オリジナル品種「ジュノハート」の豊穣(ほうじょう)祈願祭(町ジュノハート生産者部会主催)と、町さくらんぼ狩りオープニングセレモニー(町フルーツ狩り実行委員会主催)が相次いで行われた。同町の観光農園では18日からサクランボ狩りがスタート、町全域が本格的なサクランボシーズンに入った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から