サルが外したとみられる網の部分を確認する阿部代表

 青森県むつ市大畑町にある「あべファーム」の夏秋イチゴがサルの食害に遭っているのを22日午前、同ファームの阿部伸義代表(43)が見つけた。ビニールハウス1棟分のイチゴが全て食べられた。同ファームは昨年8月の豪雨でハウス全7棟が冠水し、今月4日から出荷を再開したばかり。阿部さんは「今年は何も起きなければいいと考えてやってきたのでショック」と力を落としていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。