住宅メーカー「ポラスグループ」に勤める田子町出身の大工・隅悠多(すみゆうた)さん(29)=埼玉県八潮市在住=が今秋、優秀な若手技能者をたたえる「建設ジュニアマスター」(国土交通省主催)の顕彰を受けた。

 南部工業高校卒業後、2008年に入社。住宅建築現場で日々腕を磨き、11年に「夢だった」という技能五輪全国大会で金賞を獲得。17年には技能グランプリで敢闘賞を受賞した。

 心掛けているのは「丁寧な仕事」。「下地など見えない所こそしっかりやっておくと、仕上がりに表れる」。依頼主に喜ばれる仕事と、技能グランプリでの日本一を目標に、さらなる技術向上に励んでいる。