冷凍用野菜の産地化を目指すブロッコリーの「チャレンジほ場」で行われた収穫実演会=五所川原市磯松

 青森県は本年度から、大区画水田を活用した転作作物として冷凍用野菜の生産を推進する「冷凍野菜」産地創出チャレンジ事業に取り組む。22日、ブロッコリーの「チャレンジほ場」に選ばれた五所川原市磯松地区の畑で収穫実演会が行われ、農家や農協関係者らが低コスト生産による産地化の可能性を探った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から