県農村工業農業協同組合連合会(JAアオレン、弘前市)は22日、青森市内で通常総会と理事会を開き、新たな代表理事会長に専務の小笠原康彦氏(58)を選出した。初の生え抜きの会長で、任期は2024年6月の通常総会まで。18年から会長を務めた工藤文明・つがる弘前農協組合長は退任した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から