青森きくらげを使ったレシピ動画の一場面(県提供)

 青森県は21日、デビュー3年目となる「青森きくらげ」の本年度の出荷見込み量を前年度比3倍の約30トンと明らかにした。生産者がデビュー1年目の27経営体から50経営体にまで増え、菌床の生産体制整備も進んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。