感染症対策を講じながら行われたビアパーティー
乾杯するイベント参加者

 青森県八戸市中心街にある八戸まちなか広場マチニワで17日夜、同市南郷のクラフトビール製造「カネク醸造」が「蔵開きビアパーティー」を開いた。この催しは、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光・飲食関連業の需要回復を図るため、会場使用料を免除する同市の「マチニワイベント支援事業」の第1弾。一時は会場からあふれるほど仕事帰りの市民らでにぎわい、市は「中心街に人が戻るきっかけになれば」と期待している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。