松丘保養園を対象にした弘前大学学生の研究発表パネルが並ぶ会場=県庁北棟1階来庁者ロビー

 県は20日から、青森市の県庁北棟1階来庁者ロビーで、ハンセン病に関する知識を広く知ってもらうためのパネル展を始めた。国立ハンセン病療養所松丘保養園(青森市)を題材に、弘前大学の学生が入所者の暮らしぶりを調べた研究結果のパネルなどが展示されている。24日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から