初夏の味覚ジュンサイの池で収穫作業する小舟=20日午後、つがる市木造平滝(本社小型無人機で撮影)

 21日は一年で最も昼の時間が長い夏至。青森県つがる市木造平滝地区では、初夏の味覚ジュンサイの収穫が本格化している。晴天となった20日、鮮やかな緑色のジュンサイの葉が覆う池で、地元農家が食べ頃の若芽を摘み取っていった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。