記者会見で陳謝した和嶋教育長(右から2人目)ら=20日午後、県庁

 昨年12月、三本木農業高校(青森県十和田市)の牛舎で実習中の男子生徒が頭に大けがを負い、意識不明の重体となっている事故で、県教育委員会は20日、医師や弁護士、学識経験者らで構成する事故調査委員会を今月28日に設置すると明らかにした。調査委では高校の管理体制の在り方などを検討し、本年度中に再発防止策を取りまとめる。一方、事故原因の究明は警察に委ねるとし、県教委側は言及しなかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から