制作当時の色調でよみがえったフェルメールの作品

 青森県おいらせ町のイオンモール下田で「フェルメールと北斎 光と青の巨匠展」が開かれている。オランダの画家ヨハネス・フェルメール(1632~75)の全37作品と、江戸後期の浮世絵師葛飾北斎(1760~1849)の41作品を、最新のデジタル複製技術を使い、制作当時の色調で展示している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。