2019年ナショナルチーム選考会で1位の古川高晴=静岡県掛川市

 アーチェリーの2019年ナショナルチーム(NT)選考会最終日が15日、静岡県掛川市で行われ、男子は12年ロンドン五輪銀メダルの古川高晴(青森市出身、青森東-近大出、近大職)が3日間の合計(432射)4085点、女子はジャカルタ・アジア大会の混合リカーブを古川とのペアで制した杉本智美(ミキハウス)が3972点で1位通過し、男女各16位までがNT入りした。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から