太宰の魅力やこれからの桜桃忌の在り方などを語り合うメンバー

 青森県五所川原市金木町の市民団体「公開講座奥津軽」は19日、地元出身の作家太宰治の忌日「桜桃忌」に合わせ、芦野公園に隣接するカフェ「駅舎」で太宰をしのぶ「語る集い」を開いた。死後74年を経ても衰えない太宰の人気や魅力、桜桃忌の在り方などについて意見を交わした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から