水槽を泳ぐサーモンに狙いをつけて、網ですくい上げていく来場者たち

 青森県むつ市大畑町沖で養殖されている海峡サーモンの旬を楽しむ「海峡サーモン祭り」が19日、同市の大畑町魚市場で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で2020、21年はインターネット即売会として実施したため、3年ぶりの現地開催となった。待ちかねた市内外の約4千人がサーモンを見て、触れて祭りを楽しんだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から