長勝寺の三門をくぐって津軽信寿を墓参する弘前ねぷた運行団体ら

 弘前ねぷた参加団体協議会(大中実会長)は19日、青森県弘前市禅林街の長勝寺でねぷたを運行し、最古とされる300年前のねぷた運行記録に登場する弘前藩5代藩主津軽信寿(のぶひさ)を墓参。弘前ねぷた300年祭の安全を祈願した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。