水尻自子《不安な体》2021年(c)MIYU Productions, New Deer, Mizushiri Yoriko

 フランス東部アヌシーで18日まで開催されていたアヌシー国際アニメーション映画祭で、日本の山村浩二監督の作品「幾多の北」が長編コントルシャン部門賞を受賞した。同部門は挑戦的、実験的な作品を対象とする。また、青森県十和田市出身の映像作家・水尻自子(よりこ)さん(37)=神奈川県在住=の「不安な体」が短編部門で審査員特別表彰を受けた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から