レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権第3日は18日、東京・駒沢体育館で行われ、女子53キロ級は昨年の世界女王で18歳の藤波朱理(日体大)が2連覇し、世界選手権代表を決めた。日本協会によると、中学時代の2017年9月から続く公式戦連勝は100に到達した。女子72キロ級の高田ここな(青森商出、日体大)は、準決勝で敗れた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から