勢いよく炎を吐きながら昇天していく虫人形=18日午後7時55分、五所川原市の岩木川河川敷

 五穀豊穣(ほうじょう)や悪疫退散などを祈願する「奥津軽虫と火まつり」(五所川原青年会議所主催)が18日、青森県五所川原市の岩木川河川敷で開かれた。50回の節目を迎えた今年は、高さ約20メートルの虫人形に火を付ける「昇天の儀」を3年ぶりに実施。参加者約100人が、夜空を焦がす炎に地域の安寧を祈った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。