【写真左】街頭演説する齊藤氏=18日午後、十和田市【写真右】集会で政策を訴える田名部氏=18日午後、八戸市

 通常国会が閉幕し、22日公示の参院選が事実上の選挙戦に突入して初の週末を迎えた18日、青森県選挙区に出馬する立憲民主党現職の田名部匡代氏(52)と自民党新人で県議の齊藤直飛人氏(46)は活動を加速させた。集会や街頭演説では食料問題、物価高騰、少子高齢化など各種の課題を巡り持論を展開。支持者と共に議席奪取へ準備を急いだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から