青森県三沢市水道委員会(小比類巻雅彦委員長)が14日、市上下水道庁舎で開かれ、水道事業経営の在り方の答申案について協議した。値上げの割合を示す改定率を平均16.4%とすることで了承した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から