弘前ねぷたまつり運営委員会は17日、3年ぶりに開催予定の合同運行で参加予定団体が大幅に減少したことを受け、密集回避策として検討していた1日当たりの運行台数制限を行わず、コースや運行時間帯も例年通りとすることを決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から