新型コロナウイルス感染症の感染症法上の取り扱いを巡り、青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は17日、5段階で上から2番目の「2類相当」となっている現在の取り扱いについて、「個人的には、症状の面からみると、2類相当である必要はだんだん減っている」との見解を示した。季節性インフルエンザなどと同等の「5類」への移行は、現時点で「難しい」と話した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から