青森県議会の三橋一三議長は17日、議会改革検討委員会で協議中の県議選の選挙区見直しを巡り、選挙区が別の選挙区で分割されている「飛び地」について、「東北の他県(議会)が解消したからといって、本県もすぐに解消しなければならないということではない」と述べ、慎重に検討すべきとの考えを示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から