インド国内のリンゴの流通構造などについて解説する農水省担当者=弘前市

 今年3月に国産リンゴのインド輸出が解禁されたことを受け、青森県などは17日、インド国内の流通構造について学ぶ研修会を弘前市内で開いた。オンラインを含め、県内の輸出関係者ら約30人が参加。農林水産省の担当者から、台湾や香港など、これまでの県産リンゴの輸出先とは異なるインド市場の特徴や動向について情報収集した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から