イトーヨーカドー弘前店の特設会場で制作の準備をする山内さん

 青森県弘前市のねぷた絵師・山内崇嵩(しゅうこう)さん(58)が16日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(44)を題材にした扇ねぷたの公開制作を始めた。見ると1年間無病息災で過ごせると伝わる「にらみ」を描く。山内さんは「実在している人をねぷた絵の題材にするのはなかなかない。海老蔵さんっぽいものではなく、海老蔵さんそのものを描きたい」と意気込んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から