三村知事に質問する学生

 青森県と弘前大学医学部は16日、弘前市の同大本町キャンパスで、医学部保健学科看護学専攻の3年生79人と三村申吾知事との懇談会を開いた。懇談会は毎年、同大医学部医学科の学生を集めて開いているが、看護師を目指す学生を対象とするのは初めて。看護・医療系の学生の県内就職率が低い現状を受け、三村知事は、看護師の卵たちに県内就職を呼びかけた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から