満開となった菜の花畑。横浜町のナタネの作付面積は近年減少している=5月10日、同町大豆田地区

 青森県横浜町のシンボル・菜の花を咲かせるナタネの作付面積が近年減少している。低い採算性や農家数の減少など複数の要因が挙げられ、栽培環境の見通しは明るくないが、町は観光の目玉となっている菜の花の風景を残そうと、打開策を探っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。