青森県議会は14日、議案に対する質疑を行った。県は18歳以下の子どもを育てる世帯に、子ども1人当たり2万5千円を給付する県独自の物価高騰対策について、支給開始が10月以降になると明らかにした。各市町村が今年9月30日を基準日として対象世帯を特定するためだという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から