アシストスーツ試作機を腕に装着する潜水士
アシストスーツ試作機の動作確認をする潜水士を映し出すモニター

 潜水士の海中作業用パワーアシストスーツの開発を目指す青森県八戸市の北日本海事興業、共和海事工業所の2社と法政大学は13日、岩手県洋野町の種市高校にある潜水プールを使って初めて実証実験を行った。肘の動きをサポートする試作機を潜水士が腕に装着し、水深5メートルで動作を確認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から