全日本大学野球選手権での4試合連続本塁打を笑顔で振り返る上崎=14日午後、三沢市堀口
全日本大学野球選手権準決勝で本塁打を放った上崎=11日、東京・神宮球場

 全日本大学野球選手権(6~12日、東京・神宮球場ほか)で大会新となる4試合連続本塁打を放った青森県三沢市出身の上崎(うえざき)彰吾(東日本国際大4年)が14日、帰郷していた同市で取材に応じた。つらい時期を乗り越え、大学最終年に才能を花開かせた大砲は「謙虚さと周りへの感謝を忘れず、プロを目指したい」と意気込みを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。