青森県産養殖ホタテガイの2022年度半成貝(1年貝)の第5回(最終)入札が13日、青森市の県水産ビルで行われ、1キロ当たりの落札価格は230円となった。200円を超えたのは国内最大産地である北海道の減産で値段が高騰した17年度以来。関係者からは驚きの声のほか、来年度の入札への影響を懸念する声も聞かれた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から