【男子400メートル障害決勝】4位の岸本=ヤンマースタジアム長居(共同)

 陸上の世界選手権(7月・米オレゴン州)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は11日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子3000メートル障害は東京五輪7位の三浦龍司(順大)が8分14秒47の大会新記録で2連覇し、2位で参加標準記録を破った青木涼真(ホンダ)とともに世界選手権代表に決まった。男子400メートル障害決勝は黒川和樹(法大)が48秒89で2連覇し、代表の座を射止めた。岸本鷹幸(大湊-法大出、富士通)は49秒99で4位だった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から