第69回春季東北地区高校野球大会は第4日の12日、福島市の県営あづま球場で準決勝2試合を行う。唯一2校が勝ち残った青森県勢は、第1代表の青森山田が東北(宮城第2代表)、第2代表の弘前学院聖愛が聖光学院(福島第1代表)とそれぞれ激突。ともに勝てば13日の決勝へと進み、2015年度の青森山田対八学光星以来7年ぶりの県勢対決が実現する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から