墜落の衝撃で折れ曲がったとみられる零戦のプロペラ

 青森県三沢市の県立三沢航空科学館で、旧日本海軍の零式艦上戦闘機(零戦)とその設計者・堀越二郎(1903~82年)にスポットを当てた企画展が開かれている。零戦の実機のプロペラと左主脚などの展示品が、来館者の目を引いている。7月3日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。