立佞武多の館で始まった企画展「発掘された五所川原の遺跡」

 青森県五所川原市の立佞武多(たちねぷた)の館美術展示ギャラリーで9日、企画展「発掘された五所川原の遺跡」が始まった。旧石器時代から室町時代まで市内11遺跡から出土した土器などが並び、来館者が興味深げに見入っている。来年2月24日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から