Netflixオリジナル映画『クリスマス・クロニクル』(11月22日より配信開始)

 『ホーム・アローン』、『ナイト・ミュージアム』、『ハリー・ポッターと賢者の石』などの世界的ヒット作品を世に送り出してきた、クリス・コロンバスがプロデュースするファンタジーアドベンチャー超大作、Netflixオリジナル映画『クリスマス・クロニクル』(22日より配信開始)の本予告編と新たな場面写真が公開された。

【動画】『クリスマス・クロニクル』本予告編

 あるクリスマスイブの日。10歳になってもサンタの存在を信じる妹のケイト(ダービー・キャンプ)と、そんな妹をからかう兄テディ(ジュダ・ルイス)はサンタの姿をカメラに捉えようと計画する。待ち構えていた2人の前に現れたのは、プレゼントを配る本物のサンタクロース(カート・ラッセル)だった。

 兄妹はサンタを追ってソリに乗り込みますが、2人のせいでソリは墜落してしまい、プレゼントはおろかトナカイまで行方不明に。果たしてこの絶体絶命のピンチを乗り越えることができるのか? 一夜限りの大冒険が始まる。

 予告編は日本限定で制作されたもので、プレゼントもトナカイも見失ってしまったサンタクロースが、何とか世界中の子どもたちにプレゼントを渡すべく奮闘し、なぜか警察とのカーチェイスを繰り広げるひと幕も。決してあきらめないサンタの姿に兄テディが自信を取り戻し、兄妹の絆を確かめる感動的な場面も。カワイイ妖精たちや、幻想的に空を飛ぶトナカイなど壮大な世界観が描かれ、クリスマスの奇跡に期待が高まる予告編となっている。

 同作のプロモーションのため、コロンバスの11月末に来日することが決定した。大人から子どもまで夢と興奮の世界へいざなってきた“レジェンド”は日本で何を語るのか?