弘大白神自然環境研究センターの昆虫標本などを収蔵している白神自然観察園分室

 弘前大学農学生命科学部付属白神自然環境研究センターは、青森県西目屋村から旧津軽ダム工事事務所(同村田代)の別棟を借り受け、9日、白神自然観察園西目屋分室を開設した。同センターが収集、整理してきた青森県の昆虫標本や植物標本など約7万7千点を収蔵し、自然史研究や教育の場として活用していく。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)