贈呈式で、承認書を手にする塚原委員長(左)と小暮理事長

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産・八戸三社大祭の神社行列で長く使われている祭具の補修、新調が、JR東日本グループの「東日本鉄道文化財団」が行う地方文化の振興を図る事業の支援対象に決まり、9日、青森県八戸市の八戸商工会館で助成承認書の贈呈式が行われた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)