青森県平川市の長尾忠行市長は7日、子宮頸(けい)がんの原因となるウイルスの感染を防ぐHPVワクチンの接種について、男性もかかる病気をウイルスが引き起こすことから、接種費用の助成対象に男性も加える準備を進める考えを示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。