【カールズバッド(米カリフォルニア州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが集まるゼネラルマネジャー会議は8日、電子機器を利用したサイン盗みへの対策などを話し合って閉幕した。

 ポストシーズン(PS)で問題となったサイン盗みに、大リーグ機構(MLB)のハレム法務担当責任者は「大切なのは相手がテクノロジーを駆使してサインを盗んでいないという安心感を各球団に与えること」と語った。球場内の一部カメラの使用禁止やMLBスタッフを増員したPS同様の措置などを取るかは今後決めるとした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む