署名した協定書を手にする藤澤頭取(右)と新田理事長

 みちのく銀行(藤澤貴之頭取)と第一勧業信用組合(本店東京都、新田信行理事長)は8日、地域貢献や地域活性化など幅広い分野で連携する包括協定を結んだ。都内にある同信組の本支店で開かれる物産展などへの県産品の出品による販路拡大や、両者の取引企業同士のビジネスマッチングなどを通じ、青森県経済の活性化を図る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)