自民党の衆院改革プロジェクトチームの初役員会で、あいさつする座長の萩生田光一幹事長代行(右から2人目)。左端は小泉進次郎事務局長=8日午後、東京・永田町の党本部

 自民党は8日、衆院改革実現のためのプロジェクトチーム(PT)を発足させ、党本部で初の役員会を開いた。座長に萩生田光一幹事長代行、事務局長に小泉進次郎氏が就任。小泉氏が超党派勉強会で議論しているペーパーレス化などの国会改革案を自民党内でも検討する。ただ党内には異論もあり、議論の行方は見通せない。

 PTは党・政治制度改革実行本部の下部組織とした。萩生田氏は役員会冒頭、改革案について「何ができるか整理し、結果を出す」と強調した。

 検討項目として、タブレット端末導入によるペーパーレス化や、産休中で本会議採決に出席できない女性議員の投票方法が挙がっている。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む