【バスケットボール男子決勝・柴田学園-八学光星】第3クオーター、柴田学園の濱田伊(5)が3点シュートを決め57-53とリード
【バスケットボール女子決勝・柴田学園-八学光星】第4クオーター、柴田学園の秋谷(7)がシュートを決め83-59とリード=マエダアリーナ

 第75回県高校総合体育大会は最終日の6日、6市町で17競技を行い、全日程を終えた。男子は、レスリングやソフトテニスなど6種目で頂点に立った八工大一が2大会連続の総合優勝に輝き、25回目の闘魂旗を獲得。サッカーやラグビーなど5種目を制した青森山田が準優勝となり、13回目の敢闘杯を手にした。女子は、バドミントンと柔道を制した青森山田が総合優勝の明朗旗(3大会ぶり18回目)、同準優勝の八工大一が友情杯(28大会ぶり2回目)を得た。最終日はバスケットボールで柴田学園が男女ともに優勝を飾り、弓道男子では木造が28大会ぶりの栄冠に輝いた。優勝校などが出場する全国高校総体(インターハイ)は7月23日、徳島県を主会場に開幕。四国各県で約1カ月間競技を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から