高校再編(第1、2期実施計画)で、通学環境を考慮して配置する「地域校」となった4校(鯵ケ沢、六ケ所、大間、三戸)のうち鯵ケ沢を除く3校の活性化協議会は6日、和嶋延寿県教育長に対し、取りまとめた活性化の方向性を報告した。3協議会は「地元や地元以外の中学生にも選ばれる取り組み」「地域と連携した学び」「部活や資格取得の充実」などを挙げ、学校存続への具体策を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から