涼み座敷の間でステンドグラスに見入る見学者

 大正期のステンドグラスが現存する青森県中泊町の旧家「宮越家」の春の一般公開が4日、始まった。初日は県内外から約70人が訪れ、新緑とステンドグラスの共演や庭園の景色を堪能した。公開は7月3日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から