■ 青森市の魚介類購入量日本一 (2012年7月10日掲載)

全国有数の水揚げを誇る八戸港。おいしい魚がたくさん水揚げされる=2011年12月、八戸港第1魚市場
 

 みんなが住んでいる青森県。東は太平洋、西は日本海、そして北は陸奥湾(むつわん)、津軽(つがる)海峡(かいきょう)…と海に囲まれています。その海でとれる食べ物と言えば魚です。実は青森市が全国で一番多く魚や貝を買って食べているんだって。おいしい魚がいっぱいとれるからかな。

 国の調査(ちょうさ)によると、1家族が1年間に購入(こうにゅう)する鮮魚(せんぎょ)や貝類の数量(グラム)を調べたら、全国主要51都市の中で、青森市が魚も貝も一番多く買っていることが分かりました。魚については2位が鳥取市、3位が富山(とやま)市。貝は2位松江(まつえ)市(島根(しまね)県)、3位甲府(こうふ)市(山梨(やまなし)県)でした。

 では、青森市の家族は、どんな魚を多く買って食べているのでしょう。サケ、サンマ、イカが全国1位、カレイは全国2位でした。購入金額(きんがく)でも、サケはトップで、イカは2位、サンマとカレイは3位でした。

 一方、ブリの購入数量は38位、アジは36位とともに低く、「大間産」など、全国的に有名なマグロも22位と、おもったほど買われていないことが分かりました。さしみの盛(も)り合わせも鳥取(とっとり)市、高知(こうち)市に次いでビリから3番目でした。

 貝はどうでしょうか。ホタテ貝は数量、金額ともに全国1位でした。シジミはともに3位。ところが同じ貝でもアサリは数量、金額ともに全国最下位、ちょっとびっくりですね。カキも数量、金額ともに45位と低い結果でした。

 魚や貝に詳(くわ)しい青森県漁業協同組合連合会の業務部長田中和芳(たなかかずよし)さん(56)は「太平洋、日本海、津軽海峡、陸奥湾。これだけ海に囲まれた恵(めぐ)まれた所は他にありません。また津軽平野があり、お米がいっぱいとれます。おいしいご飯とおいしいお魚。青森県には昔から魚を食べる食文化が根付いています」と話しています。

 そして、魚や貝がおいしい理由について「八甲田(はっこうだ)や白神山地(しらかみさんち)など、山から栄養たっぷりの水が陸奥湾や日本海に流れてくるからです」と説明。「魚や貝はヘルシーだし、勉強にも効果(こうか)があることが分かっています。家族みんなで、ぜひおいしい魚や貝をいっぱい食べてください」とPRしています。


>>週刊JuniJuniトップページに戻る
これまでの記事
10/2 13:10 もやしの年間購入量、日本一
9/11 13:43 全国2位/やきとりの購入金額
8/21 13:27 金メダル獲得 全国最多/ロンドン五輪
7/31 13:25 小5・中2「体格」全国トップクラス
7/10 14:16 青森市の魚介類購入量日本一
6/19 13:11 「動物園や遊園地楽しむ人」全国最下位
5/29 12:57 ストッキングの生産量日本一
5/1 13:30 読書を楽しむ人の割合 全国最下位
4/10 13:08 青森市の積雪・降雪量日本一
3/20 11:11 スポーツ観覧、全国最下位
2/28 13:12 コーヒー飲料の購入金額、日本一
2/7 14:28 1世帯のパン購入金額、全国最下位
1/17 14:16 豚肉の購入数量、日本一
12/20 14:49 早起き早寝 日本一
11/29 13:49 E5系はやぶさ最高速度320キロ、日本一
11/8 13:33 果実・野菜ジュース購入金額、日本一
10/18 12:39 風力発電の発電量、日本一
9/27 13:12 家の外で食事する時の金額、全国最少
9/6 13:08 カップめんの購入金額日本一
8/16 12:47 公衆浴場の数日本一
7/26 14:27 チョコレートの購入金額、全国最下位
7/3 0:50 トイレットペーパー、ティッシュ購入金額日本一
6/12 8:07 炭酸飲料の購入金額日本一
東京大学安田講堂
地方選挙区の議員も東京っ子。脈々と続く「荘園文化」
ACACの展示棟。設計した安藤忠雄さんは、建物が真っ白な雪の中にこもることも意識していた=2022年1月13日撮影
美術家・潘逸舟を生んだ「滞在制作」拠点が20周年 国際芸術…
電化に伴い電気機関車にバトンタッチする蒸気機関車「D51」が停車する青森駅のホーム=1971年10月
昭和歌謡に歌われた青森駅、60年ぶり一新 戦前からの立ち食…