「縄文遺跡群」の世界遺産推薦見送りについて所感を述べる柴山文科相=6日、文科省

 青森県など4道県が世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」を巡り、本年度の国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦が見送られたことについて、柴山昌彦文部科学相は6日の定例記者会見で、縄文遺跡群を「次の有力な推薦候補」とする見方を示した。一方、三村申吾知事は同日の定例記者会見で、世界遺産登録の早期実現に向け、「4道県・関係市町との一層の連携の下、全力で取り組んでいく」と改めて決意を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。