JR東日本と同社子会社のJR東日本スタートアップは6日、ベンチャー企業と協業して青森県で取り組む新ビジネスの実証実験「JR東日本スタートアッププログラム」のテーマに、新たにリンゴ搾りかすを使った化粧品や家畜飼料の製造を採択したと発表した。既に選定済みの青森市中心部でのQRコード決済普及、観光地の無線LAN「Wi-Fi」整備と合わせ、12月から実証試験を始める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から